瞑想による感情のメンテナンスは有用であるか?

緊張や心配、悲しみ、怒りなどの感情に支配されているように感じたことはありませんか? これらはすべて、あなたの感情的な知性を向上させることを示しているのかもしれません。自分の感情を表現することは大切ですが、いつどのように表現するかが重要です。"感情のジェットコースター "から抜け出して、慢性的なストレスや感情をうまく処理する方法を学び、気分の落ち込みを抑えて普段の生活により良い感情のバランスをもたらしましょう。

感情を抑えることによる影響、ネガティブな感情をコントロールすることの重要性、そしてそれらの感情に対して瞑想がどのような効果をもたらすのかは下記を読んでみてください。

感情をボトルアップ

「ボトルアップ」とは、感情を押し込めることです。つまり、自分の感情を押し殺し、吐き出すことを許さないことです。しかし、ボトルアップによって複雑な感情を避けようと試みても、結局傷つくことを恐れたり、ネガティブな感情を持つことをためらったりして、その感情自体は消えませんし、体も心も傷つくことになります。

専門家によると、私たちの体と心は密接に絡み合っており、心の健康は体の健康や幸福を感じるために非常に重要な要素であると言われています。

私たちはしばしば、怒りや不安などの不快な感情を経験すると、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの適切なバランスを乱す傾向があります。

フィットネスブランド『ジヴァ』のエミリー・フレッチャーによると、瞑想の身体への影響は、ハンバーガーを食べてチアシードのスムージーを飲むようなもので、それぞれが異なる影響を与えると述べています。

様々なスタイルの瞑想は、脳の特定の領域を照らして一定レベルのエネルギーと持続時間を必要とするため、日常生活で明確な利益をもたらします。 

感情をコントロールすることの重要性

 感情を管理するということは、健全な方法で自分と向き合うということです。

感情を発見して気づき、その背後にある思考を処理し、それを受け入れ、感じさせ、そして最後にそれを手放すことです。これは、誰もが習得できるスキルです。

自分の感情を効率的に扱う方法をまだ知らないとしても、何も恥じることはありません。学校で教わることではなく、自分で発見するかしないからです。

感情が時に激しくなり、コントロールが効かなくなると考えるのは普通のことです。感情的な反応を管理することが難しくなるような気分障害や人格障害、精神的な健康状態に苦しんでいるかどうかにかかわらず、それは私たちの誰にでも起こり得ます。

感情をコントロールすることがなぜ良いのか、その研究結果をいくつか見てみましょう。

1.人間関係のバランスがよくなる

感情と言動の間に適切な距離を作ることを学べば、そのとき私たちはすでに自分の感情をコントロールできるようになっています。

2.不必要な口論を防ぐことができる

争いの理由は表面的な理由よりもずっと深く、満たされていない欲求に関係していることがあります。感情のコントロールを学ぶことで、私たちは適切なコミュニケーションと解決策を見つけることに集中することができます。

3.心臓病を患うリスクを下げる

高いストレスレベルや怒り、うつは、心臓のリズム障害の発症に大きな影響を及ぼします。また、不適切な怒りのコントロールは、高血圧や消化器系の問題などとも関連があるとされています。

4.幸福感を向上させることができる

感情は行ったり来たりするものですが、それをうまく導く方法を知っていれば、私たちはより良い気分になることができます。怒りを感じなくなったとき、あるいは悲しみが経験の一部として統合されたとき、私たちはより穏やかになります。これによって、全体的な幸福感を向上させることができます。

5.健康的な習慣を作ることができる

私たちは皆、不健康な習慣を持っています。抑圧された気持ちが中心にあるとき、このような習慣は、生活のさまざまな場面で人の心のバランスを脅かす問題になります。

感情を閉じ込めたまま処理することは困難です。自分の感情を手放すことは、ある人にとっては簡単なことですが、ある人にとっては難しいことです。抑圧された感情とどう向き合えばいいのか、自分の内なる考えを理解する方法がわからない場合は、セラピストやメンタルヘルスの専門家の力を借りて、自分が経験していることを探ることができます。 

ネガティブな感情に対処するのに役立つ瞑想のヒント

では、実生活でネガティブな思考パターンを減らすにはどうしたらよいのでしょうか。心配事や自信喪失の終わりのないサイクルに吸い込まれるのを避け、ポジティブな感情を構築するのに役立つマインドセットと瞑想のヒントがここにあります。

身体をリラックスさせる

私たちは、嫌なことがあると体が硬直し、苦痛の度合いが増します。

一旦現実から離れるためには、座って呼吸をし、体をほぐす時間を作りましょう。緊張している部分をできるだけリラックスさせ、呼吸の力を不快な場所に向けるようにイメージしながら息を吐き出すと、緊張がほぐれます。

身体を動かさず、全身を頭からつま先まで集中して瞑想してください。好ましくない思考の波に気を取られないようにし、あなたの体に集中することによって、心を占有することができます。 

良いことに集中する

慢性的な痛みや感情的な苦痛、頭痛などを経験しているかどうかに関係なく、喜びという感情に集中することができます。自分のさまざまな不調に集中するのではなく、いま自分の体がどう感じているかを考えてみてください。肩を回してみたり、首を伸ばしてみたり、体を整えるためにヨガをしてみたり。体全体が柔らかく感じられるようになり、そこに注意を向けることができるようになるはずです。

自分のネガティブな思考パターンを注意深く観察する

悪い考えが浮かんだときに、それを強制的に消そうとしないことです。これは、流れに逆らって泳ごうとすることではなく、それと戦うことに似ています。代わりに、それを観察します。考えるのではなく、観察者の役割を担うのです。あなたの思考は、あなたから独立していることを心に留めて、ただその観念を漂わせるのです。自分のネガティブな思考パターンを認識するという行為は、負のループが始まる前に止めるのに役立つでしょう。 

深く息を吸う

心配事があると呼吸が浅くなりますが、これは肺の奥に十分な酸素が行き渡っていないことを示しています。胸を張り、背筋を伸ばし、長く、ゆっくりと、深い呼吸をすることに集中しましょう。

マインドフルネスとスピリチュアルの教師であるラム・ダスは、「呼吸をコントロールしようとしないこと。呼吸をコントロールしようとは思わないで、ただ見守ってください。呼吸が速いか遅いか、浅いか深いか、呼吸の性質は重要ではありません。呼吸に完全に注意を向けることこそが重要なのです"

呼吸に集中力を戻せば負のサイクルを断ち切ることができ、ネガティブな思考パターンに陥っていることに気づいたら、自分の考えではなく実際に起きている出来事に注意を向けるよう心に教えることができるのです。

ザ・アートオブマインドフルリビングのティク・ナット・ハンによると、マインドフルネスは歯磨きから食事、さらには車の運転まで、1日のどの瞬間も楽しむことができるようになるそうです。このエネルギーは、立つこと、歩くこと、話すこと、その他どんなことでも実践することができます。

まとめ

瞑想を習慣に取り入れると、日常生活にその習慣を定着させることができます。毎日まったく同じ時間に瞑想する必要はありませんが、朝や寝る直前に瞑想をすることで、より早く習慣を身につけることができます。

自信がついて嫌な考えを遮断できるようになると、自分の態度が変化していることに気づくはずです。

RENPHOには様々なリラックスアイテムがあり、瞑想の最中にご利用いただけます。一例として、アイマッサージャー・アイウォーマー、あるいはストレッチマッサージャーを一緒に利用することをおすすめいたします。目元が温まり、心がよりリラックスでき落ち着きます。瞑想のよきパートナーを探しに、ぜひRENPHOストアを覗いてみてください。